Komplete 12 ultimateレビュー③(ドラム&パーカッション音源篇)

この連載企画もいよいよ3回目、ドラム・パーカッション音源のご紹介です。今回も結構な量があるので、最後まで見ていただけると嬉しいです。

BATTERY 4

BATTERY4

ドラムサンプラーの定番ソフトです。デジタル系の音楽を作るときは、必ず使用します。Rolandのドラムマシーン707、808、909などのサンプルはもちろん、デジタルからアナログまであらゆる音楽にマッチするドラム&パーカッションサウンドが大量に入ってます。フィルター加工やエフェクトも搭載されていて、様々なカラーの音が作り出せます。ひたすらいろんなサンプルを聞いて、自分に最適なドラムサウンドを見つけ出してください。

DAMAGE

DAMAGE

破壊音や金属音など、かなり攻撃的でパワフルな音が大量に入っている音源です。ループ素材もありますし、ワンショットもあります。映画用のパーカッションという宣伝文句でしたが、ダークな音楽や激しい音楽などにも使用できると思います。最近は、ジャンルフリーで新しい音楽を作り出せる時代ですから、こ音源のループから新しい音楽へのヒントをもらうというのも、あると思いますよ。

POLYPLEX

POLYPLEX

8パートのドラムサンプラーです。CPUをすごく食うので僕はあまり使いませんが、音はいいし、シンプルだし、使いやすいと思います。特徴的なのが、サイコロを振ってランダムに音を変える機能で、FM8などに昔から搭載されている機能をドラムサンプラーにも入れた感じです。トラックメイキングする人には、最適なドラムサンプラーだと思います。

DRUMLAB

DRUMLAB

ピュアなアコースティックのサンプルとパンチのあるエレクトロニックなエッジを組み合わせ、ドラムをレイヤーするサウンドの実験室。という風に説明されてましたが、アナログドラム音源のサンプルをデジタル加工しやすくして、デジタル系の音楽で個性を出せるドラム音源というところでしょうか。今回初めて使いましたが、ポップな曲にも合いそうなので、ボカロ曲とかに使ってみようかなと思います。

STUDIO DRUMMER

STUDIODRUMMER

これは僕が非常に良く使うドラム音源です。3つのドラムキット、大量のMIDIグルーブが入っているので、ドラム打ち込みが苦手な人はどんどん使っていくといいと思います。ポップな曲、ロックな曲、ファンクな曲、今の音楽をするにはぴったりの音源です。

ABBEY ROAD | MODERN DRUMMER

MODERNDRUMMER

kontakt5ができた時にリニューアルされたドラム音源です。ロンドンのアビーロードスタジオで録音されたものです。Studio Drumerが出る前は一番新しかったです。名前から分かる通り、今風の音ですね。あとは音の好みで使い分けしてください。

ABBEY ROAD | 50S DRUMMER

50SDRUMMER

ポップ音楽の創世記ですね。ロックンロールと呼んできた頃でしょうか。その頃のドラムの音を再現した音源です。ロカビリー的な懐かしさを感じる音楽に最適かなと思います。

ABBEY ROAD | 60S DRUMMER

60SDRUMMER

60年代に使われていたドラム音源です。レコードを再録したCDなんかで聞いたドラムの音がします。JAZZなんかにも合うドラムサウンドです。

ABBEY ROAD | 70S DRUMMER

70SDRUMMER

ファンキーなものからヘビーなロックまで幅広く使えるドラム音源です。この70年代がそういう時代ですからね。ディスコブームなどの映像で流れる音楽のドラムサウンドっていう感じです。

ABBEY ROAD | 80S DRUMMER

80SDRUMMER

これは新しい音がする80年代のドラム音源です。メタルやフュージョンなんかに合うドラム音源ですね。シンセサウンドとも相性がいいと思います。

ABBEY ROAD | VINTAGE DRUMMER

VINTAGEDRUMMER

時代が逆戻りして、戦前のドラム音源です。NIのドラム音源で唯一ブラシがあるので、JAZZでどうしてもブラシを使いたい!という方にはオススメです。ディキシーとかのドラムとしても合う気がします。

MASCHINE DRUM SELECTION

MASCHINEDRUMSELECTION

マシーンから持ってきたドラムサウンドをKontaktで鳴らす音源です。Battery4があれば、ほとんど使いません。

BFD2とかADなどのドラム専用音源の方がいいよ、とはよく言われるのですが、僕はNIのドラム音源を使い続けています。音楽を作るぶんには何の問題もありません。ドラムの音質の差はミックスやエフェクトで埋められるので、それ以外のところにお金をかけています。ぜひお持ちの方は一度使ってみてください。

komplete12 Ultimate レビュー記事まとめ

2018.10.22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です