DTM & Music 人気 歌い手

音質アップしたい歌い手さんにオススメのマイク&機材!予算別に紹介!

先日、昔にお手伝いしたことがある歌い手さんからミックス依頼の連絡がありました。最近ミックスだけで音が大きく変わる動画を作る人たちがいるらしく、その影響で自分の歌ってみた音源もミックスでよくなるのでは?と思ったらしいです。とりあえず音源を聴いてみると、歌が上手い子のだったので普通に聴けるのですが、音質が確かに悪いんですよね。
その子の気に入らないところを聞くと、ボーカルの音質が悪い、自分の声をもっと太くしたいとのことでした。
それ、ミックスの問題ではなく録音している機材が悪いんじゃないかなと思ったので、どんな風に録音しているのか聴いてみると、やはり原因はそこにありました。

目次

彼女が使っていた機材は

まずマイクは激安のカラオケマイク。それをノートPCのマイク端子にさして録音してました。さらにミックスをしているソフトがフリーソフト。
明らかに録音機材が悪いので、マイクやオーディオインターフェイスの購入を提案して、実際その通りに買ってもらいました。使用してもらってかなり満足いってるようなので、今回は彼女とともに選んだ歌い手にオススメの機材をご紹介したいと思います。

歌の録音には、どんな録音機材がいる?

Utakizai

この写真に写ってる道具があるとかなりいいと思います。

①マイク

ボーカルの音を電気信号に変える機材、これがないと録音はできません。大きく分けるとダイナミックマイクとコンデンサーマイクの2種類があり、歌を録音するならコンデンサーマイクがオススメです。後ほど詳しく解説します。

②ショックマウント

録音に影響を与える振動を抑え、コンデンサーマイクをマイクスタンドに固定する道具です。コンデンサーマイクを使うなら手に入れておきたい機材です。

③ポップガード

人間の口から出る風によるノイズを減らし、湿気からマイクを守る機材です。コンデンサマイクを使うなら必須です。

④マイクスタンド

マイクを支えるスタンド。様々なタイプがありますので、お好みで。できればしっかり固定できるものがいいです。

⑤オーディオインターフェイス

マイクで録った音声信号をデジタルデータに変換してPCやMacに送る機材です。マイクの次に重要です。

⑥マイクケーブル

マイクとオーディオインターフェイスをつなぐケーブルです。基本は付属のもので大丈夫です。

⑦DAW

作曲録音ソフト。CubaseやStudio one、Logicなどが有名です。オーディオインターフェイスに簡易版のDAWがついてくるので、ボーカルとカラオケ音源のミックスくらいなら、これで十分対応できます。

⑧ヘッドホン、あればスピーカー

自分の音を確認する機材。かなり重要ですが、とりあえずは家にあるものを使いましょう。録音がうまくなって、音へのこだわりが出てきたら買い換えてください。録音時によく使われるのがSONYのMDR-CD900STです。

これだけあれば録音環境として必要十分。
特に①マイクと②オーディオインターフェイスを買い換えるとかなりレベルアップしますので、最初の機材はこの二つに絞っていいと思います。

歌い手には、どんなマイクがいい?

マイクは大きく分けて、2種類あります。
①ダイナミックマイクと②コンデンサーマイクです。

①ダイナミックマイクの特徴

録音できる音はそこそこなのですが、衝撃や湿気などに強く使いやすいのが特徴です。少々雑に扱っても問題なく使用できるため、カラオケボックスやライブハウス、スタジオなどでよく使われます。

②コンデンサーマイクの特徴

高音質で録音できるのですが、非常にデリケート。わずかな振動も拾ってしまったり、湿気で壊れたりします。またマイク自体に48Vのファンタム電源を供給しないといけないので、必ずオーディオインターフェイスが必要になります。


歌い手の方が自分の音質を上げたいと思ったら、迷わずコンデンサーマイクを選んでください。

コンデンサーマイクを選ぶ注意点!

□指向性(どの方向の音を録れるか)を確認する

まずコンデンサーマイクには、どの方向からきた音を録音できるのかという性能「指向性」というものがあります。
①単一指向・・・マイクの正面からきた音だけを録音できる 
②双指向・・・マイクの正面からと裏からきた音を録音できる 
③全指向(無指向)・・・マイクを中心にしてどの方角からきた音でも録音できる 
という3つがあるのですが、歌い手の人は迷わず単一指向を選んでください。自分の歌声だけしっかり録音できるし、自宅で録音する際に、余計なノイズや反響音を拾いにくいからです。

□できればショックマウントをつける

またコンデンサーマイクは高音質なのですが、衝撃に弱いという欠点がありますので、「ショックマウント」という衝撃を吸収するマイクホルダーを使用します。マイクとセットで売っているものがあるので、それを購入することをオススメします。

□ポップガードはつける

次にコンデンサーマイクに必要なのが「ポップガード」で、役割は大きく分けて二つあります。
ひとつは人間が歌を歌うとき、すごい勢いで風が発生します。コンデンサーマイクは非常に高性能なのでその風の音もノイズとして録音できてしまうんです。ポップノイズというのですが、これを軽減するという役割があります。
もうひとつは、歌うときに湿気や水分を口から飛ばしちゃうことも多いと思います。コンデンサーマイクは湿気に弱いので、そういった湿気からマイクを守ることもできます。安くてもいいので必ず購入してください。

マイクスタンドは安くてもいい

「マイクスタンド」は、ちゃんとしたものを使った方がいいという意見もあると思いますが、最初はなんでもいいと思います。卓上タイプのものを使ってもいいですが、倒れたり、マイクを落としたりしないように注意してください。

※コンデンサーマイクは本当にデリケートなので、使い終わったらちゃんと片付けること、湿気からは遠ざけるようにすることが非常に重要です。お気をつけください。

オーディオインターフェイスを選ぶ注意点!

DSC01113

まずは単純に録音するだけの機材なら安くてもいいかなと思いがちですが、PCとの相性や不具合が少ないものの方がストレスが減ります。

□48Vファンタム電源を搭載

コンデンサーマイクを使うので、「48Vファンタム電源」供給ができるものを選んでください。最近はファンタム電源供給ができないものの方が少ないですが要チェックです。

□録音ソフトDAWが付属

次にDAW(作曲録音ソフト)がついているものを選ぶということです。オーディオインターフェイスには作曲録音ソフト「DAW」の簡易バージョンがついているものがあります。正規バージョンと比べると制限があるのですが、メインボーカルとコーラスを数トラック歌ってカラオケ音源とミックスするには必要十分ですし、すぐに使えるプリセットがついたエフェクトもついてますので、最初のグレードアップにはオススメです。僕も作曲初心者の時は、こういう簡易DAWを使ってました。
今回選んでいるオーディオインターフェイスでは、番外編のもの以外はCubase系の簡易DAWがついています。録音の音質がいいのはもちろんですが、Cubase系は簡易バージョンでもサードパーティ製のプラグインエフェクトが使えるので、フリーのものやWavesというメーカーのプロ仕様エフェクトも後々追加して使うことができるからです。
【追記】StudioOneというDAWもオーディオインターフェイスにつくミドルクラスのものが、サードパーティ製のプラグインに対応して使いやすくなりました。おすすめオーディオインターフェイスに追記しています。

□生放送をしたい人はループバック機能に注目

歌ってみた放送なんかをしたい!と思っている人は「ループバック」という機能がついているものにしてください。この機能は、PCで鳴らしたカラオケ音源を録音した歌とともにPCに戻すという機能です。この機能がオーディオインターフェイスについているだけで、かなり放送が楽になります。

今回セレクトした機材は・・・

色々と必要なものを書きましたが、特にクオリティに差がつくのがマイクオーディオインターフェイスだと思います。この二つに関してオススメを書いていきたいと思います。
とはいえ、マイクとオーディオインターフェイス合わせて、2万から〜5万くらい。
高校生のバイトやお年玉でなんとか買えるくらいの金額で機材をセレクトしました。
ちょっと特定メーカーが多くなりますが、信頼性や安定性を考えるとこうなりましたのでご了承ください。あと参考になる動画もセレクトしました。

マイクのオススメ 1万円代

低価格でそこそこ高音質「Audio Technica AT2020」

低価格でちゃんと録音できて、ということを考えると最安コンデンサーマイクはこのAudio TechnicaのAT2020になるかと思います。エントリーモデルでありならAudio technicaらしい素直な音を録音できるマイクです。ショックマウントではなく普通のマイクホルダーしかついていないので、どこかのタイミングで買う必要があると思いますが、できるだけ安くでマイクが欲しいというのであればコレかなと思います。ただ、これを買うなら、もう少しお金を出して、次にご紹介するマイクをオススメします。


ショックマウントがついて低価格「Audio Technica AT2035」

上で紹介したマイクと同じシリーズですが、5,000円ほど高いです。AT2020との違いは、ミックス時にカットしがちな低い音を、マイク側でカットするスイッチがついていることと、ショックマウントも付属していいること。ショックマウントを別途購入する手間が省けます。録音できる音はAT2020と同じくAudio Technicaらしい素直な音です。1万円代だと、これがいちばんオススメです。


昔は激安コンデンサーだったけど・・・「RODE NT1A」


RODEは、オーストラリアの音響メーカです。昔は中国で生産していて激安マイクの代名詞でしたが、現在はオーストラリアでの生産になり価格が上昇。その代わり、品質がかなり上がったそうです。この商品の魅力はポップガードやショックマウントがセットになっているところですね。
youtuberがかなりオススメしていますが、ちょっとドンシャリすぎるので僕はオススメしません。
ボカロPで上位機種の「NT2-A」(4万円代)を使っている人がいて聞いてみましたが、こちらはセッティング次第でノイマンに近い音質を出せるとのことでした。ただNT2Aを買うなら、次にご紹介する「Audio Technica AT4040」の方が使いやすく、コスパもいいです。


マイクのオススメ 2万〜3万前半

プロも使うコスパのいいマイク「Audio Technica AT4040」

僕が持っているマイクで、AT2020の上位バージョンです。音の解像度がAT2020よりアップし、音抜けがすごく良くなります。プロでも使う人がいますので、長く使っても不満が出ないマイクだと思います。Audio Technicaらしく素直な録音ができます。AT2035よりグレードアップしたショックマウントがついてくるので、少しお金に余裕があるなら、AT2035よりこちらをオススメします。



とても便利な新世代マイク「Aston Microphones AST-ORIGIN」

ポップガードと簡易ショックマウントが内蔵されている新世代マイク。直でマイクスタンドにつけられたりと便利なため、中田ヤスタカさんがモバイル用の機材として使っているそうです。デザインもかっこいいのでやる気がでます。録音できる音はフラットな感じですので、Audio Technicaと使い比べて、好みの方を選んでもいいと思います。


一時期、女性歌い手に人気「Blue Microphones Bluebird SL」

女性の歌い手などに人気のマイク。中域を少しふっくらとさせる特徴があり、癖があるのですが、声にその癖が合えばいいマイクだと思います。あとカタチがレトロでおしゃれ。意外に見た目ってやる気にも反映されるので重要です。ショックマウントもついてきます。


最近、女性ボーカルで買う人も多い「AKG C214」



オーストラリアのオーディオメーカーが製作しているマイクです。
上位クラスの部品を使いながらコストダウンをしたマイクとして高い評価を受けています。メーカーの特徴としては、非常に空気感を大切にする傾向があって、このマイクにもその傾向があり、女性ボーカルやアコギの録音なんかでいいとされています。ただ声質によっては合わない人もいるので、ある意味、個性を活かせる人に向いたマイクだと思っています。
ショックマウントやケースも付属するので、買ったその日から録音を始めることができます。どうも最近、人気のようなので加えました。

オーディオインターフェイスのオススメ1万円代

オーディオインターフェイスは、基本1万円以上のものであれば、ちゃんと録音できます。最初に買うならこのレベルで十分です。

1万円の格安なのに、ちゃんと録音できる「Steinberg UR12」

ちゃんとコンデンサーマイクで録音ができて、CubaseというDAWの簡易バージョンCubase AIがついてきます。SteinbergというメーカーはYAMAHAの子会社で、CubaseというDAWを作っているメーカーなのですが、ハードを作っているのはYAMAHAです。PC機器も作っているYAMAHAなので比較的安定して動作するのが特徴。
単純に歌を高音質で録音したいという人に向いています。アマゾンなどでは、上位機種のUR22mk2が人気ですが、歌い手の人には、次に紹介するミキサーをオススメしたいと思います。機能はほぼUR22mk2と同じですので。


歌ってみた放送にも使える「YAMAHA AG03」

僕がサブ機として持っているオーディオインターフェイスです。
コンデンサーマイクで録音できて、CubaseLEというcubaseの簡易バージョンがついてくるオーディオインターフェイスです。音量などを手元で操作できるミキサータイプ、しかも歌ってみた放送ができるループバック機能付きです。
また自宅で生放送とかしていると突然家族が部屋に入ってきたりすることもあると思います。そんな時に素早くマイクの音を下げられたりと便利。
さらにDSPというオーディオデータを処理するプロセッサーを搭載しており、コンプやEQ、リバーブなどをハードウェア上でかけて録音・放送ができます。録音性能、使いやすさ、価格を考えると、いちばん歌い手にオススメできるインターフェイスです。



USB-Cで接続できるタイプ 「Steinberg UR22c」


最近の新しいMacやPCに採用されているUSB-C接続できるものです。実績のある機種のバージョンアップ版の製品です。これも中身はYAMAHAが作っているのでドライバーも含め安定感があり、最初のインターフェイスとしては十分な性能です。


「Focusrite Scarlett Solo 3rd」

イギリスの音響メーカーForcusriteという有名な音響メーカーの製品です。昔からプリアンプがいいと言われているメーカーで同価格帯のオーディオインターフェイスよりS/N比(ノイズの少なさ)が若干上がってクリアに録音できる印象です。特に3世代になってUSB-Cに対応し、さらにForcusliteの高級プリアンプの周波数特性を再現するAirという機能を搭載。低価格機でありながら録音性能の向上にチャレンジしている製品です。
Pro Toolsという録音スタジオで使われているDAWを搭載していて、ボーカルや楽器の録音なら十分です。ループバックはついていないので使い勝手はAG03の方が勝りますが、録音性能だけで選ぶならこちらを選んでもいいでしょう。マイク入力はひとつです。


「Focusrite Scarlett 2i2 3rd」

上で説明したForcusriteのマイク入力が2つになったものです。楽器などを録音する人には入力が2つあった方が便利ですので、こちらを選んでもいいと思います。


ソフトStudio Oneのミドルクラス付き「Personus Studio 24c」

こちらはStudio OneのミドルクラスのDAWがつくオーディオインターフェイスです。Studio One 5からミドルクラスのソフトでもサードパーティ製のプラグインが使えるようになったので、無料エフェクトやWavesなどの高品質なエフェクトも使えるようになりました。ハード自体も初心者歌い手の方にぴったりです。


オーディオインターフェイスのオススメ番外編

ここからは番外編として3万円以上のオーディオインターフェイスをご紹介します。このクラスになるとオーディオインターフェイスの中にある部品の品質、特にマイクの音声信号を捉えて増幅する「プリアンプ」やデジタルデータを生成する部品がレベルアップしていますので、高音質での録音が可能になります。予算があれば、こちらも検討してみてください。

Universal Audio「Apollo solo」

Universal Audioというアナログ時代からプロ用のスタジオ機材を作っているメーカが製作したMac専用のthunderbolt接続できるオーディオインターフェイスです。
数十万〜数百万円するようなスタジオ機材を、内蔵するDSPの処理能力を使ってソフトウェア上で再現するUADシステムを搭載。歌い手の方へのメリットは、高価で買えないマイクプリアンプがついた機材とほぼ同じ音を手軽な価格で手に入れられます(追加でプラグイン購入費用がかかります)。マイクのレベルを上げたら、ぜひ使ってほしい機材です。

DAWはLUNAというMac専用の独自開発したものがついてきます。レイテンシー(微妙な遅れ)を抑えていて録音性能が高いのですが、使いにくいのが難点。ただ録音だけするという方は使ってもいいと思います。

僕は長年、Universal AudioのApollo Twinという機種をメインオーディオインターフェイスとして使っています。参考記事もぜひ。

“参考記事”
“愛用しているオーディオインターフェイス「Apollo

住む場所を頻繁に変えたりしているため、鍵盤はいろいろ変えるのですが、オーディインターフェイスはこの数年、変わっていません ...


Universal Audio 「Apollo solo USB」

こちらはApollo soloのWindows専用USB接続タイプです。こちらも高級録音機材をソフトウェア上で再現できるUADが使えます。数十万する機材のマイクプリが使えると思うとお得な機材です。こちらはDAWが付属しませんので別途用意する必要があります。


RME 「Babyface Pro FS」

RMEというプロ用オーディオインターフェイスメーカーの入門機です。ここはオーディオ信号をコントロールするソフト技術とオーディオ性能を高めるハード技術、両方を持っている音響機器メーカーなので安定性、信頼性は抜群です。しかも使いやすさを考えたUSB接続。いいマイクを買うなら、こちらも候補に入れてみてください。


スタンドなどはサウンドハウスが安い

スタンドやケーブル、ポップガードなどはサウンドハウス が安くていいです。特にClassic Proというサウンドハウスの独自ブランドは低価格で品質も使えるものが多いのでトラブルも少ないです。

いちばんオススメのセットは

歌い手初心者からのグレードアップを考えると、Audio TechnicaのAT2035とYAMAHAのAG03のセットで3万円がオススメかなと思います。お小遣いやお年玉で頑張ったら買える値段ですので。実際、今回相談してきた女の子もこのセットで購入していました。
もしお金に余裕があるのならば、マイクは3万円以上のものを買うと比較的長く不満なく使えますので、トータルコストとしてはお得になると思います。いきなり3万円代を買うとしたらAT4040、これは本当にコスパがいいマイクだと使っていて思います。
このあたりで機材に慣れて続けていけそうなら、頑張ってお金をためてマイクは10万クラスといいオーディオインターフェイスを買えばいいかと思います。
最後にマイクセッティングや録音に関していい本をご紹介していますので、そこまで読んでみてください。




マイクもオーディオインタフェイスも、上を見たらきりがないので、予算と性能、そして自分に合うかどうかを考えて、選んでみてください。

マイクケーブルはサウンドハウスで

マイクケーブル 1m XLRキャノン

マイクケーブルはどうしたらというお話をいただきました。変な安いものを使うとノイズがのったりすることもあるので、もし安いケーブルをとお考えの方は、サウンドハウスのClassic Proブランドのマイクケーブルがいいです。色も色々あって安くて、そこそこの品質です。長さは1mか3mくらいあればいいと思いますが、必要な長さを買ってください。

合わせて読むと効果的なボーカル録音本

マイクや機材をそろえたら録音できるのですが、マイクとの距離、録音・編集の方法、そしてエフェクトの使い方をわかっているだけで、格段にいい音楽に仕上がります。いろんな録音本の中でも、有名エンジニア&教育者の方が書いた「歌は録音でキマる!」はかなりおすすめです。ぜひ読んでみてください。




-DTM & Music, 人気, 歌い手

© 2021 Digisax Music Powered by AFFINGER5