SWAM

ソロの金管・木管・ストリングス最強「SWAM音源」レビューまとめ

個人的には木管楽器でいちばんリアルな振る舞いをする音源だと思っているSWAM音源。
2022年にV3へのバージョンアップがあったため、思い切って金管とストリングも合わせて購入しました。(バージョンアップが安かったのもあります・・・)
これでSWAM音源がすべて揃ったので、今回はこの音源全体のレビューをしたいと思います。(個々の音源解説は順次アップしていきます)

メーカーのAudio Modelingとは

Audio Modeling社はKontaktベースで動く管楽器音源で有名なSampleModeling社から独立した会社で、物理モデリングを駆使した管楽器、弦楽器のソロ音源を開発しているメーカーです。
特に音の振る舞いがリアルで、音源というよりは本物の楽器に近いパラメータ設定が多くあり、リアルを極めていきたい作曲者さんに人気です。

SWAM音源とは

木管や金管、弦楽器の音の振る舞いを打ち込みで再現できる音源です。
木管、金管、弦楽器それぞれに専用のエンジン(メインは物理モデリング)があり、さらに木管の場合は楽器によって仕様が変わっています。
音は空間系の少ないデッドな音だったんですが、V3になってからは少しエフェクトが改善されたようで単体で楽器の音がそこそこするようになりました。よりリアルさを追求するためにはリバーブなどの空間系での処理が必要です。
現在、音自体はサンプリング音源でもそこそこいい音がするんですが、菅弦楽器の音色変化やダイナミックスを表現できる音源は、SWAM音源が一番だと個人的には思っています。
V3になってSWAM音源のインターフェイスが統一されて使いやすくなりました。ただし、金管、木管、弦楽器でパラメーターが違うのでそこは要注意です。

それでは、ここから木管、金管、弦楽器のSWAMエンジンを解説していきたいと思います。

木管最強音源を生み出す「SWAM-W」エンジン

Swam w01

SWAMでいちばん最初にできたエンジンです。
これはSamplemodeling時代にソプラノサックス音源が発売され、そこからサックス、その他木管楽器へと広がっていきました。仕組みはサンプリングと物理モデリングのハイブリッドなので容量が少ない音源ですが、音色はかなりリアルな楽器に近いです。さらにエクスプレッションなど各種パラメーターを制御できれば、かなりリアルに打ち込めます。ただ楽器の知識が少し必要です。


“参考記事”
“SWAM_CLARINET_レビュー”

サックスのソロ音源ってどこかシンセっぽいものが多いんですよね。けれど元サックス奏者の僕が唯一いい音源だなと思う音源があり ...


“参考記事”
“SWAM_FLUTE_レビュー”

フルートの音はかなりシンセでも再現できるので、massiveでほぼ生フルートの音や横笛を再現する人がいることもしばしばあ ...


“参考記事”
“SWAM_DOUBLE_REED_レビュー”

SWAM音源ラストの記事は、オーボエやバスーンのソロ音源「SWAM Double Reeds」です。かなり強引なまとめ方 ...

木管のSWAMはバンドルがお得!


金管楽器の振る舞いを再現「SWAM-B」エンジン

Swam b01

こちらは金管楽器専用の音源に搭載されるエンジンです。
木管とは違いすべて物理モデリングだそうです。
今回はじめて買って使っているので詳しくは後日レポートしますが、音楽ジャンルに合わせて音源を調整する必要がありそうです。
元楽器奏者の人と打ち込みデータのやり取りをしているんですが、リアルな楽器音を再現するために、ベルの方向などを調整したり、楽器自体の音質を調整するのが少し難しいかなと思いました。
オートメーションをそれなりに書き込まないとリアルに聞こえないので、その点は注意が必要です。ただ打ち込み方法を確立させればかなりリアルな金管楽器の振る舞いを実現できそうです。


“参考記事”
“SWAM_TROMBONES_レビュー”

今日はSWAM音源のトロンボーンをご紹介します。比較的どこの音源でも音はいい楽器ですが、SWAM音源はよりリアルな振る舞 ...


“参考記事”
“SWAM_HORNS_and_TUBAS_レビュー”

SWAM音源、最後の解説はホルン、ユーフォニアム、チューバの音源です。なぜこの3つの楽器がひとつなのかなとも思いましたが ...

金管のSWAMはバンドルがお得!


弦楽器専用の物理モデリング「SWAM-S」エンジン

Swam s01

こちらはバイオリンなどの弦楽器音源のエンジンです。
こちらも物理モデリングです。こちらも右手と左手のポジションや弓のアップダウンなどを選べるようになっていて、これら複数のパラメーターを操作することでリアルな振る舞いを再現できます。ちょっと使ってみたんですが、打ち込みに弦楽器の知識が必要だと実感しました。今、勉強中です。

“参考記事”
“SWAM_Strings_レビュー”

SWAM音源は木管系だけを持っていたんですが、ちょうどV3にバージョンアップした時にStiringとBrassのセットが ...

ストリングスのSWAMはバンドルがお得!


これからいろんなジャンルの打ち込みをする予定

SWAM音源に関してはこれから使っていって、各楽器のレビューを上げていき、この記事にリンクさせていきます。また様々なジャンルの打ち込みもやっていきたいと思います。

SWAM音源全部入りはこちら


-SWAM

© 2022 Digisax Music Powered by AFFINGER5