Komplete12、オススメの買い方!選び方!

Native InstrumentのKomplete12、ほしいけどどれを買えばいいの?という方も多いと思います。バージョンもいろいろ、値段も高い、悩みは尽きないですよね。そこで今回は、こういう人にはこれ!というようなオススメの選び方を記事にしていきたいと思います。

Komplete12の種類は

Komplete12は全部で3種類+1種類です。鍵盤などNIのハードについてくる①Komplete12 Select。標準パッケージの②Komplete12。SYNPHONYシリーズ以外のほぼ全ての音源が入っている③Komplete Ultimate。Synphonyシリーズは、絶対バンドル製品には入れないからな!と言っていたのに入れちゃった!フルパッケージ版③Komplete 12 Ultimate collector’s Edition。これに無料ダウンロード版のKomplete Playersというものがあります。あとパッケージで、アップデート版、アップグレード版などがありますので、買う時は間違えないように注意してください。

とりあえずNIのソフト音源を使ってみたい「Komplete Players」

Kompleteには無料で使えるバージョンがあります。本当に簡易なのでですが・・・僕は初心者時代に同じようにこういう無料のものを使ってから、komplete購入に踏み切ったので、まず最初はこの無料バージョンをダウンロードして使うことをおすすめします。まずはこちらから。

MIDI鍵盤を持っている初心者or中級者は「Komplete 12」

DTM初心者でMassiveとかKontaktとか使いたいなという人は、Komplete12がおすすめです。音楽業界標準の基本的なソフトが全てそろっているので、最初の音源バンドルとして買うなら最適です。DAWについている音源からのバージョンアップにぴったりだと思います。

他メーカーの音源を持っている人は「komplete 12」

BFDなどのドラム音源、他のシンセなどを持っている人で、NIのソフト音源もほしいかなという方は、komplete12がおすすめです。kontaktは、音楽業界標準のソフトのなのでちゃんと持っていた方がいいと思います。生音系やクラシック系の音源なども増やしていきたいと考える方なら、絶対買っておいて損はないと思います。

鍵盤も持っていない超初心者は「Komplete kontrol Aシリーズ鍵盤」

これからDTMをはじめます!機材もありません!という方は、Komplete Kontrol A25、A49、A61をおすすめします。
効率よく作曲できる高機能MIDI鍵盤でありながら、お手頃のお値段。しかもKomplete 12 Selectというkompleteシリーズの入門版が付いてきます。効率よく作曲ができる機材を手に入れて、ソフトも手に入るから一石二鳥。これで慣れたから、komplete12に行くというのがいいでしょう。ちなみに僕は、Komplete Kontorol S49を持ってます。Aシリーズより高いのですが、液晶が付いているのでPC画面との行き来が減って作業が楽になります。(ちょっと値段が高いですが・・・)

いい鍵盤にアップグレードしたい方は、「Komplete kontrol Sシリーズ鍵盤」

安い鍵盤からアップグレードしたい!またはKomplete Kontrolを効率的使いたい!という方は、Sシリーズの鍵盤ををおすすめします。これもkomplete 12 Selectという入門バージョンが付属。カラー液晶画面がついていて、ハードシンセのような感覚でソフトをコントロールできるので、とっても便利。鍵盤もしっかりしているので、おすすめです。僕は、Rolandのピアノ鍵盤からS49に乗り換えました。(Aシリーズが出る前だったので・・・)

Komplete12にないソフトがほしい!という方は「Komplete 12 Ultimate」

正直ゆうとKomplete 12 Ultimateをいきなり買うのは、おすすめしません。2年ごとにバージョンアップするので、僕はまず無印kompleteを買ったあと、2年後、どうしてもほしいソフトがいくつかあったので、Ultimateにバージョンアップしました。その方がトータルコストが抑えらます。買うか買わないかの基準にするのは値段です。どうしてもほしいソフトがいくつかあって、それらを足し合わせた値段がkomplete Ultimateの値段を超えたなら買う。超えなければバラで買うというのでもいいと思います。

NIマニアは「Komplete 12 Ultimate Collector’s Edition」

このバージョンは、NIが力を入れて作ったクラシック音源がセットになっていることが目玉だと思います。ただクラシック音源は他のメーカーでもいいものがありますので、あえてNIにしなくてもいいかなと個人的には思います。ただ使いやすい音源ではありますので、Ultimateに付属のSymphony Essentialで気に入った!またはNIのソフトは全て集めないと気が済まない!というコレクターにはおすすめです。

まとめると・・・

シチュエーション別に、購入方法をまとめてみましたがいかがでしょうか。僕はNI信者ですので、Colectorsに行こうと思ったのですが、なんとSSDがもう一杯で・・・高い買い物ですので、本当に必要か見極めてご購入ください。買うなら使い切るつもりで行くぐらいのことをすると、きっと得する買い物だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です