Cubase DTM & Music

Cubase 11のオーディオLoop素材、プリセット、全レビュー!

昔は付属のLoop素材といえばLogicが有名でしたが、今ではCubaseも大量のLoop素材がついてきます。
実はあんまり使ったことがないのではじめてチェックしたんですが、なんと即戦力で使えそうなものがいっぱいありましたよ。さらにシンセとエフェクトを一度にトラックに入れられる大量のプリセットも。
今日は、そんなLoop素材やプリセットをご紹介していきます。

CubaseのLoop素材の探し方

Cubase loop19

CubaseのLoop素材はMediabayからでも探せるのですが、シングルウインドウの右ゾーンを表示するのがいちばん探しやすかったです。使う場合は、右ゾーンを表示してみてください。

Hard Knocks

Cubase loop01

グラミー受賞プロデューサー Beat Butcha によるヒップホップライブラリーだそうです。
昔のソウルフルな音楽からサンプリングしてきたようなキーボード素材から、アナログドラムやリズムマシーンの素材など即戦力の素材があります。ざっと聞いてみましたが使えそうなものが多くありました。

Noir

Cubase loop02

ハリウッドのサウンドデザイナー Robert Dudzic によるシネマチックライブラリーという説明がされてました。
激しいワンショットの打楽器系やスワイプするシンセを使った効果音が多いです。転送やタイムスリップなどSF的な登場シーンなどで使えそうな効果音が多いです。

Nightcall Synthwave

Cubase loop03

Black Octopus Sound による ’80s シンセウェーブサンプルパック。
80年代ポップスなどに使われていたシンセ音をメインにリズム系など幅広いサンプルがあります。最近のもので、例えるなら、サカナクションの宝島みたいな感じの音が入ってます。
シンセの音作りが面倒な人は、このサンプルとサンプラートラックを使えば、面倒な音作りなしでシンセサウンドが扱えます。

Dancefloor Tech House

Cubase loop04

Black Octopus Sound によるハウスサンプルパック。テクノ系のハウスなので、日本人が好きなハウスとは少し違うと思います。
ワンショットよりループ系のシンセやリズムが多いですね。このまま入れて曲がすぐにできそうです。

Lofi Dreams

Cubase loop05

Black Octopus Sound によるローファイヒップホップサンプルパック。
ノイズが入っていたり、テープが伸びたような音の劣化があったり、サンプリングした音を使った懐かしのヒップホップを感じさせる音がたくさん入っています。

Bloom

Cubase loop06

Black Octopus Sound によるボーカルラインサンプルパック。
女性ボーカルの様々なフレーズや声が入っています。ボーカルチョップの元素材やインスト曲のアクセントに使えると思います。

Analog Techno

Cubase loop07

ベルリンの Florian Meindl による、モジュラーシンセ設定を含むテクノライブラリー。
音としてはアナログシンセの音が魅力的かなと思いました。テクノは作らないのでわからないのですが、少し懐かしいシンセ音やリズムなので、このジャンルを作りたい人には向いている気がしました。

Blockbuster

Cubase loop08

ナッシュビルの Allen Morgan による、エレクトロサウンドトラックのライブラリー。
全体的に少し懐かしい感じの音が入っています。最近のEDMっぽい感じではないですね。ただ音はいいので作りたい曲にあえば使ってみてください。

Caleidoscope

Cubase loop09

サンプラートラック用のサンプルライブラリー。
こちらは新しい目の音が多い印象です。サンプラートラックで使うことを前提に作られているので、ワンショットが中心です。いろいろ使って遊んでみると面白い効果が生まれるかもしれません。

EDM Toolbox

Cubase loop10

Cubase付属のシンセやエフェクトを使ったプリセット集です。
こちらをトラックにドラッグ&ドロップすると、簡単なMIDIデータと音源、エフェクトのプリセットが読み込まれ、あとは自分の思い通りにMIDIを打ち込むだけで曲が完成します。シンプルながらEDMで使える音がたくさんありますので、これを利用して、作曲すると効率がかなり上がります。

Mystic Spaces

Cubase loop11

「サウンドデザイナー / 楽器ビルダー Ferdinand Försch による、実験的なサウンドの数々」とメーカーサイトで説明されているように、よくわからない楽器音を加工した効果音や独特の打撃音がある楽器のリズムループなどが入っています。
ちょっと使いどころが難しい感じがしますが、何か不思議な違和感のある曲を作りたいときに効果がありそうです。

Raw Ambience

Cubase loop12

ドラムンベースデュオ Rawtekk によるエレクトロニカ / アンビエンス / ダブステップに最適なライブラリーと書かれてました。
聞いてみたところ、パンチが強いダーティなリズムと効果音をメインに収録してあります。
ダブステなど、少し影のある曲に向いていると思います。

Soul Assembly

Cubase loop13

Soul Surplus による、ソウルフルかつ新しいインスピレーションをくれるライブラリー。
70年代のSoulっぽいエレピやギターカッティングもあるんですが、印象としては10年前くらいに流行ったR&Bで使っていたような音が多い印象です。
Soulな感じがわからない人が聞いてみると何か新しい発想が生まれるかもしれません。

The Hip Hop Vault

Cubase loop14

Jay-Z, Beyonce, Mobb Deep などを手がける The Beat Butha によるドラムやループだそうです。
Jay-Z好きな人はよくわかると思うんですが、サンプリングした音をベースにラップをのせる、あの感じの音がたくさん入っています。少しノイズを入れた音にして使いたいループ集でした。

Production Grooves

Cubase loop15

Cubaseの付属音源とエフェクトで作られたドラムループ&プリセット集です。
ドラッグ&ドロップするだけで、音源からエフェクト、あとMIDI打ち込みデータをトラックに入れることができます。初心者の方はすべてを1から作るのは大変だと思うので、こういうループ集をうまく活用して音楽を作ってみてください。

Production Presets

Cubase loop18

ミックス時に役立つエフェクトなどのプリセット集です。ドラムやベース、ギター、ボーカルはもちろん、ストリングスやサックスのプリセットもありますので、最初はこのプリセットを利用しながら、他のものと差し替えたりするといいでしょう。

Allen Morgan Signature Drums

Cubase loop16

Taylor Swift や Nine Inch Nails を手がける Allen Morgan によるGroove Agent SE 用のドラムキット、MIDI ループ、Beat Designer パターンのコレクション。
こちらは今っぽいサウンドで、ヒップホップ系の音とか書かれていますが、現在のアメリカンポップな曲でも使えそうな音が多かったです。

Allen Morgan Rock-Pop Toolbox

Cubase loop17
A

llen Morgan が手がけたポップ&ロックスタイルの30種類のコンストラクションキット。それぞれ25〜30のオーディオ / MIDI ループと対応するインストゥルメント、チャンネルストリップとミキサーの設定を含みます。こちらはロックなサウンドが中心ですね。上のSignature Drumsと組み合わせても面白いと思いました。

おまけではない使える素材がいっぱい

このレビュー記事を書くまでは、どうせおまけでしょ、と思ってたんですがとんでもない誤解でした。
かなり量も増えているし、即戦力で使える素材もいっぱいです。さらに、サンプラートラックの進化によって、シンセ系のオーディオ素材もいろいろと使えるようになったなと思いました。
僕もいくつか使いたいものが見つかったので、機会があれば実戦に投入したいと思います。



-Cubase, DTM & Music

© 2021 Digisax Music Powered by AFFINGER5