ピアノ弾き語り

ピアノ初心者でも弾き語りができるサイト「HD Piano」レビュー

更新日:

昨年大ヒットした映画「ボヘミアンラプソディ」を見て、ピアノが弾けたらかっこいいな!と思った人は多いのではないでしょうか。けれど、独学で学ぶのは難しいし、レッスンに通うのは大変だし、お金もかかかる。僕も大人になって作曲をするようになってからピアノを弾きだしたので、コード弾きが精一杯。ましてや両手で弾きながら歌うなんて無理!と思っていました。そんなときに出会ったのがHDpianoというサイトです。ここのおかげで何曲か弾き語りができるようになりました。今回はこのサイトについて解説したいと思います。

楽譜が読めなくても動画でわかる

触りの部分だけyouTubeで紹介されていますので、まずは動画をご覧ください。

音ゲーみたいな感じですよね。DTMをやってる人はピアノロールといった方がわかりやすいと思います。そうなんです。このサイトは楽譜がいらないんですよ。この方式だとゲーム感覚でピアノが弾けちゃうので楽しくなると思います。

まずはゆっくりコード弾きで解説

Hdpianocode

よくCD付きの本とかって参考演奏だけ載っていて、実際の弾き方がわからない!ということも多いと思います。このサイトだと、まずは簡単なコード弾きで構成音を確認。そこからゆっくり弾きながら解説してくれます。また動画なので早送りや巻き戻しも簡単。自分のペースでゆっくりとピアノに取り組むことができます。とはいえ、楽器の練習には努力も必要です。その練習には、ちょっとしたポイントがあるんです。

ポイント①動画と同じ指で演奏すること

Hdpianoslow

ゲームのように弾く場所が上から落ちてきますので、それに合わせて鍵盤を弾けばいいのですが、ピアノで大切なのはどの指でどの鍵盤を弾けばいいのか・・・ということ。弾く指を間違うと次の音にすぐ行けなかったりして、結局フレーズが切れてしまうことにも繋がります。だから、動画と同じ指で、そして同じような手のカタチで必ず弾く、ということが鉄則です。ここは中途半端にアレンジせずにやってください。

ポイント②片手ずつ練習すること

Hdpianoleft

いきなり両手で弾くのは、普通の人だと不可能です。ちょっとカッコ悪いかもしれませんが、右手と左手、それぞれバラして片手ずつ引いてください。動画も両手で弾きつつも、片手ずつの弾き方を解説してくれています。

ポイント③ゆっくり両手で弾く

HDpianofast

動画がゆっくり弾いてくれるので、それに合わせて両手で弾く。ある程度、暗譜(譜面を覚えられたら)メトロノームに合わせて弾くのもいいでしょう。ゆっくりと確実に指を運べるようにすること。弾くタイミングが両手でズレる時は、どこでズレてどういうリズムになるか確認することが大切です。速く弾くとごまかして弾けちゃうんですが、ゆっくり弾くと誤魔化しが効きません。

少しマイナスポイント

すべて英語です。英語の勉強だと思ってがんばってください。あと邦楽はないですし、有名な洋楽でもない曲があります。例えばビリージョエルはありませんでした。とはいえ新しい曲や有名曲、ディズニーの曲なんかはありますので、自分の弾きたい曲があるかどうか要確認です。

30日間無料!契約は月払いと年払いがある

価格は30日間無料で、その後年払い$97と月払い$15の2つの選択肢があります。(2019/6/23現在)僕は30日間フリーの後、年間契約しました。まずはYouTube動画を見ながら練習して、これは弾けると思ったら契約してみるのはいかがでしょう。もしピアノで弾き語りしてみたいという方にはおすすめです。

HDpianoのサイトはこちら

-ピアノ弾き語り

Copyright© Digisax Music , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.