いつも音が薄いなと感じてるDTM初心者におすすめ「DTMトラック制作術」

せっかくいい曲ができたのに、なんかバッキングに厚みがない。ミックスでどれだけ音圧を上げても、なんだか音に厚みが出ない。そんな方はもしかするとトラック数が少なくないですか?昔とは違い、DTMだとトラックを増やして簡単に音の厚みを増やすことができます。という話が書かれている本が、「良い音の秘密はトラック数にありDTMトラック制作術」です。

各パートごとのトラックの増やし方がわかる

リズム、ベース、バッキング、メロディなど、それぞれのパートでどういうふうに作っていけば、トラック数を増やせるかが書かれています。例えばリズム系ですと、キック、スネア、ハイハット、シンバル、タムなどの音域をしっかり把握し、空間的に無駄なのないリズム配置をすることで、グルーブだけでなく、音の厚みが増すという説明はすごく説得力ありました。僕はサックス奏者出身なので、ドラムの音域まで考えてリズムを作ることをしたことがなかったんですよね。

音色の重ね方を考えるきっかけに

生音系ストリングスにシンセストリングスの音を足したりするなどして、ひとつのパートを複数のトラックで鳴らすことって、初心者のうちは考えつかないもの。DTMは何やっても自由なんです。いい音楽といい音になればそれでいいんです。僕の場合は、生音系の管楽器音源でいいものを持っているんですが、意外にシンセの管楽器音源の方がオケに馴染みつつ、主張のある音作りができたことがありました。初心では気づかないプロが使うトラックの重ね方が学べます。

効果がわかりやすい参考曲が付いている

トラックを増やした効果がわかりやすい参考曲が付いています。なんとYoutubeにも載っています。ちょっと古いかなとも思うのですが、徐々に音の厚みが増えていくのがわかります。バッキングのパターンも全パートの音の高低などを意識して作るだけで、大きな違いが出るものだということが、すごくよくわかります。

まとめ

そのほかにも、どの位置に楽器を定位させるかや、どこまで音を重ねればバッキングは完成したと思えるかなど、トラック数を増やす判断材料についても書かれています。自分の音楽がどうも厚みが出ないな、という方はぜひお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です