Kompleteのすすめ!Kompleteは何種類あるんだ?無料も!

Kompleteというバンドルは、無料バージョンまで含めて5種類あります。どんな種類があるのか解説していきたいと思います。(2015年7月現在)

 

全部入り Komplete 10 Ultimate
Native Instruments インストゥルメント/エフェクト・コレクション KOMPLETE 10 ULTIMATE
Native Instrument社の発売当時発売されているほぼすべてのソフト音源が入ったバージョンです。お値段10万以上・・・・音楽だけでなく、SEや劇伴なんかまで作りたい人用です。NIのソフトだけで作るんだ!という考え方の人以外は、最初にこれを買うのはやめた方がいいかと思います。僕の場合は、無印のkompleteを持っていたのですが、どうしてもほしいソフト音源がいくつかあり、バージョンアップした方がバラで買うより安かったので買いました。詳しい選び方は次回に書きますね。

 

最初はここから Komplete 10
Native Instruments インストゥルメント/エフェクト・コレクション KOMPLETE 10
Ultimateからくらべると音楽制作系の方を対象にしたものです。シンセは一部を除きほぼ入っていますが、伴劇を簡単につくれるシネマティック音源やドラム、ギター・ベース音源をガバッと省いてるので、別のドラム音源を持っていたり、ギターを弾ける人には最適です。Kompleteを買う人は、まずこれを買うのがいいと思います。

 

いちばん安いKomplete Elements
スクリーンショット 2015-07-20 0.02.22
お値段6000円ほどですが、Kontaktの音源がいくつかと、Guitar Rigというギターアンプシミュレータがついてきます。とくに大人気シンセのMassive等がないので、あまりお得感がありません。DTMユーザーなら、もうちょっとお金をためて、ひとつ上のKompleteにした方がいいと思います。

 

NI製キーボードについてくる Komplete Select
スクリーンショット 2015-07-20 0.03.01
NI製のキーボードについてくるKompleteです。Massiveをはじめセレクトされた音源がついてます。ただここのキーボードは恐ろしく高いので、それがほしいかどうかですね。NIのキーボードはソフトウェアをつまみとかでコントロールしやすいんですけど・・・

 

無料バージョン Komplete Player
スクリーンショット 2015-07-20 0.01.35
買う買わないはともかく、タダなのでダウンロードしてみてはいかがでしょうか。Kontaktの簡易バージョン、Guitar Rigのシンプル版、シンセのReaktorの簡易バージョンがついてきます。ちょっとこれで遊んでみて、使い方が馴染むかどうか試してみてはいかがでしょう。

 

このブログ書くために調べましたけど、こんなにあったんですね・・・
詳しくはこちら http://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/bundles/
次回は、本当に自分がKompleteがいるかどうか?を考えられるように選び方をご紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です