DTM初心者のときにやったこと① パソコン選び編

laptop-626101_1280

DTMをはじめるとき、最初に重要なのは、やはりパソコン選び。当時の僕は、とても古いPentium4のノート、しかもメモリーが500MBほどしかない。という状況だったので、思い切ってパソコンを新調することにしました。
まず考えたのがMacにするかWindowsにするか。デスクトップなら自作もできるwindowsという選択肢もあったんですが、できればノートで、ハイスペックで、デザインが良くて、という要件を満たしていくと、「Mac」しかなかったんですよね。
いまでもそうですけど、Mac Book Pro(以降MBPと表記)はDTMをするには最適なノートだと思います。では、「その理由」を3つほど書いていきますね。

その理由① 高スペックで安定している
DTM初心者が最初につまずくのが低スペックとシステム構築。けれどMacなら、メモリー、HDD容量(いまならSSD)、そしてCoreAudioという音声やMIDIを安定的に動かせるシステムなどが最初から積まれています。しかもOSとハードを一体にして製造しているメーカーだから、安定性もばっちり。長い目で考えるとMacの方がお得です。
ただ高いスペックのデスクトップにするなら、Windowsという選択の方が拡張性も高く、未来があると思います。

その理由② 長く使える
MBPは重いですがボディがしっかりしています。録音などでの持ち歩きを考えるのであれば、この堅牢さは必要かなと思います。そして結構長―く使えるんですよね。

その理由③ カッコいい
有名なDJとかミュージシャンとか、みんなMBPじゃないですか。やっぱりカッコいいんですよね。カッコいい、これ大切です。曲作りって、かなりの確率で挫折するんですよ。そのときモチベーションを上げてくれるのは、機材のビジュアルだったりするんです。よくスタバとかでMBPを広げている人いますよね。あれ、周りからけっこう見られるので、やらなければいけない!という状況にも追い込まれるという一石二鳥の効果もあったりします。

結構いい値段するので失敗はしたくないし、絶対使うぞ、曲を作るぞと自分を追い込む意味でも、MBPにしました。

皆さんは自分のやりたい音楽や使用状況を考えて選んでくださいね。ちなみに僕は、ヤフオクでMBPを落札しました。13inchでCore2Duo、メモリーは4GB、価格は10万ほどだったと思います。

次はDAWをどうやって選んだかについて、書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です