Summer Life

My very first Vocaloid song, was a summer song which reminded me of my high school days.
This song has was written using simple techniques, such as the cutting technique, for the piano and guitar parts.
This song was initially intended purely for my personal entertainment, however, since the others recommended to, in the end I published it over the internet.
Honestly speaking, I had no intention to start using the Vocaloid software. But fortunately with it, an unexpected number of people listened to this song, and I was also able to have a saxophone player to actually play for this song, which was thrilling.
This song reminded me the fun of creating music once again.

最初のボカロソング、
そして僕の高校時代を思い出した夏の歌。
ピアノとギターのカッティングでまとめたシンプルな曲です。
作曲は個人で楽しむだけにしようかと思っていたのですが、
いろいろ言われたので作ってネットに上げた曲です。
正直Vocaloidに手を出す気はなかったんですが、
信じられないくらいたくさんの人に聞いてもらえたし、
サックス奏者の人に演奏までしてもらえて本当にありがたかったです。
音楽の楽しさを思い出させてもらいました。

【こだわりポイント】
曲はほぼ同じコード進行のループです。
その上にEWIを使ってアドリブでメロを吹いて
それをボカロエディッタに持っていきました。
歌詞は、高校時代の夏休みです。

<音源>
曲調を決めるギターのカッティングは、
Native Instrument(以下NIに省略)の
FunkyGuitaristです。
音楽を選ぶ音源ですが、
上手く使うと
かなりノリを出してくれるので
おすすめです。
けど、単体で買うのはもったいないかな、
と思います。

ピアノはCubase付属のS90ES。
個性もあるし混ざりやすい。
リアルな音が使いやすい音じゃない
典型的な例のような気がします。

ドラムはNIのStudio Drummer。
音源にMIDIの打ち込みパターンがついてるので、
そいつからいいのを選んでいじって作りました。

いろいろ言われるNIのドラム音源ですが、
個人的には使いやすいです。
パラで出さずに音源内のミキサーでバランス調整して
ステレオで出してます。

BassもNIのJBassです。
FenderのJazz Bassのモデリングですね。
たぶんトリリアンの方がいい音がするんでしょうけど・・・
この音源、打ち込みで曲作るときに、
ちょっと生音すぎて弱いかな?という感じなので、
Guitar Rigのベースアンプでブーストかけた感じです。

はじめての歌もの、はじめてのネット公開で、
すべて手探りだったのを覚えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です