Arousal

This is my fifth vocaloid song.
For those who had been listening to my former songs, this song must have been pretty unexpected.
I initially started touching on DTM in order to accompany it with saxophone sounds, however since the synthesizers were built in with the DAWN, I started thinking that I may want to try writing some Trance/House music instead.
With the vocaloid songs I wrote previously, they were writtien using familiar techniques, but for this one, I knew nothing about synthesizers at all.
At first, I started writing this song individually while studying the basics on my own, but then I came across the idea of ” why don’t I see what others think, and take in their thoughts?” So, I ended up making this song while broadcasting myself making music on the NicoNico Douga Live Broadcasting.
The first half of the song was created in Trance style, but that didn’t last through for the last half of the song…
And the last half of the song became Rock style with the guitar playing in the back.
This could be the reason why my listeners started calling it “Industrial Rock.”

ボカロソング5作目。
僕の曲を聞いてきてくれた人たちには
かなり意外だったと思います。

僕がDTMをはじめたのはサックスの伴奏を作るためでしたが、
シンセもいくつか購入してたので、
TranceとかHouseとかも
つくってみたいなと思ってたんです。

ボカロの方は、作れる曲でやってたんですが、
こっちはシンセの技術がさっぱりで、
勉強しながらひとりでコツコツ作ってたんですが、
いろんな人の意見を聞きながらつくるか!
と思い、ニコニコ生放送しながら作った曲です。

前半はトランスっぽく作ったんですが、
後半までもたなくて・・・
そこで後半はギターを入れてロック調に。
インダストリアルロックとか言われたのは
そのせいかもしれません。

【音源】

宝の持ち腐れになっていたNIのシンセをつぎ込みました。
Massive、Razor、Reactor、ABSYNTH、FM8などなど。
Razorはベル系の音など、金属系の音がめっちゃいい音しますね。

リズムにはBatteryにプラスアルファして、
RESOLVEを使いました。
こいつは、映画関連のサウンドデザイナー集団
Heavyocityが作ったもので、
SEなどで使うものをあえて音楽に入れてみました。

インダストリアルといわれる理由は、
ここにもあるのかも・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です